すべてのカテゴリ

光電子集積デバイス

ホーム >  製品  >  光電子集積デバイス

位相変調器

位相変調器

主な利点
高い変調帯域幅
低い半波電圧
高ダメージ光パワー
低挿入損失

一般的なアプリケーション
光ファイバーセンシング
光ファイバー通信
量子安全通信
ROFシステム
レーザー周波数の安定化
スペクトルの広がり
周波数コム
古典的なコヒーレントコミュニケーション

  • 概要
  • お問い合わせ
  • 関連製品

この製品は、独立した所有権を持つニオブ酸リチウム高速位相変調器であり、結晶の準備とカップリングのパッケージングは​​すべて現地で行われます。 高帯域幅と低い半波電圧が特徴です。
本製品はチタン拡散法またはプロトン交換法により導波路を作製したものです。 光ファイバーと導波路は緊密に結合されており、後方反射が低く抑えられています。 その中で、デバイスの挿入損失は 3dB 未満、半波長電圧は 3.5V 未満、帯域幅は最大 10GHz です。

技術的なパラメータテクニカル指標
種類高速低速
動作波長1525nm〜1565nm1310 / 1550nm
挿入損失3dB≤4.5dB
リターンロスa≤-45dB≤-45dB
入力光パワー≦20dBm≦10dBm
動作帯域幅 (-3dB)≧10GHz≧300MHz
RF半波電圧@50kHz≦3.5V≤4V@1310nm≤5V@1550nm
RF半波電圧@10GHz≤5v/
RF入力電力≦20dBm/
電気反射損失≤-10dB/
RF入力インピーダンス50Ω/
ファイバーピグテールbSM/PMSM/PM
ファイバーインターフェースcFC/APC、FC/UPCFC/APC、FC/UPC
電気的インターフェースSMA/
使用温度-10〜60-10〜60
保管温度-40〜85-40〜85
湿度5〜90%の5〜90%の

注:

a:コネクタ挿入損失を含む

b: ファイバーはカスタマイズすることができます
c: 光ファイバーコネクタはカスタマイズ可能です

連絡を取る